ホームページとは何か
インターネットの普及によって、本当に色々なことが便利になりました。
公共の手続きや、買い物もインターネットによって行うことが可能になりました。
家に居ながら様々なサービスを受けられるようになりました。
あらゆる企業や個人が情報を発信するために使われるものとして、ホームページがあります。
では、ホームページとは一体どのようなものなのでしょうか。

ホームページとはインターネット上に設けられたショールームと考えると分かりやすいかもしれません。 もちろん、インターネット上には実際の会社や店舗を作ることができませんので、ホームページとして運営しています。

そして、このインターネット上の店舗にはどのような情報があるかと言いますと、店舗名や店舗の情報、この店舗がどのようなものを扱っているか、その消費がどのようなもので、価格はいくらか?など、実際のショールームや店舗と同じか、それ以上の情報があります。

ホームページ、すなわちインターネット上のショールームにはメリットがたくさんあります。
まずは、実店舗と違い、運営にかかる費用が安いということが挙げられます。
また、実際にスタッフが在駐しているわけではありませんので、24時間年中無休で運営できるという点です。

まだまだメリットはありますが、また次の機会で、じっくり紹介します。
ホームページはどのように使われるか
多くの会社や団体がホームページを作っているが、実際にどのようにして活用しているでしょうか。 例えば、企業のホームページであれば、ホームページはその会社の顔になります。
まずは自分たちの会社の事を知ってもらうため、会社概要や、行なっている業務内容の紹介、実績などを掲載します。

その会社のホームページをみたエンドユーザーが、問い合わせをしてきますので、そこで改めて詳しくご説明し、仕事を受注するなど、実際の営業活動にも使います。

また、区役所や市役所のホームページもありますが、そこでは住所移転の方法や、必要な書類の確認、実際にインターネット上で行えることもあります。
実際に区役所に行かなくても、住民票の請求などが行えます。
忙しくて役所に行けなかった人もたくさん居ましたが、これによってかなり便利になりました。

業種や内容によって様々な使われ方が出来るホームページですが、わたしたちの生活を便利にしたことは間違いありません。